三菱鉛筆 ジェットストリーム|おすすめ文具レビュー

便利ツール&雑談

こんにちは。事務屋さんブログ管理人のイサムです。

今回は、管理人が日ごろから愛用している文具を「独断」と「偏見」たっぷりにお届けするオススメ文具紹介コーナーです。

ご注意

この記事に書かれている感想は、あくまでも管理人の自己中心的な「強めの愛」ですので、ご紹介する文具のご使用は、なにとぞ自己責任でお願いします。

今回スポットを当てる文房具が「ボールペン」。

そして、管理人が日ごろから愛用しているボールペンが三菱鉛筆(uni)ジェットストリームシリーズです。

ジェットストリーム|ボールペンに求める性格

まず、管理人がここ4~5年の中で、ボールペンに求めている性格をご説明します。

  • 書き味はあくまでも「適度になめらか」であって「なめらか過ぎ」ないこと
  • 適度ななめらかさを維持つつ、しっかりとした「書きごたえ」「書いてる感」が感じられること
  • 強めの筆圧に十分耐えうるペン先であること
  • 複写式の用紙の2枚目にしっかり文字が複写されるペンであること

以上です。これらの条件を満たすボールペンがこの「三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム」シリーズなのです。※管理人イサム調べ

ジェットストリーム|特長解説

では、ここでジェットストリームの特長を、管理人の体験談と共に解説します。

特長その1「低い筆圧抵抗で、なめらかに書ける」

➡ 管理人の筆圧は「強め」です。どれくらい強めかというと、シャープペンシルの芯「2H」でちょうどよいくらいです。…わかりずらいでしょうか…。

まぁとにかく強いんです。筆圧が。そんな強めの管理人が使用しても全く問題なく「なめらか」な書き味です。

つまり、筆圧に関係なく、手に取った誰もが「なめらか」体験可能です!

最高です。

特長その2「くっきりと濃い描線」

➡ 筆圧が弱めのあなたでも、くっきりとした字を書けるのです。

従来のインクの約2倍の黒色密度だそうです。三菱鉛筆さんの研究開発のたまものですね。もはや「濃い」ではなく「恋」です。

特長その3「優れた速乾性」

➡ 紙にしみこみやすく乾きもスピーディ。

マジで乾き早いです。ゲルインクのボールペンなどは、書いたあとしばらく経過しても、触るとインクがまだ乾いておらず、手が汚れてしまうことがよくあります。

しかしジェットストリームは特に乾きが早いので、その辺の心配ご無用です。

ジェットストリーム|愛用中の2つのタイプ

管理人は現在、2種類のジェットストリームを愛用中です。

まずメインで使用しているのがコチラ。


3色でペン先が0.7ミリタイプです。

3色・0.7ミリタイプは、普段の事務仕事、付箋へのちょっとしたメモ、その他日常的な書き物にガシガシ使用しています。


そしてサブで使用しているのがこちら


1色(黒)でペン先が0.5ミリの「SXN-150-05」です。おそらくもっともオーソドックスなタイプでしょう。

メインで使用しているタイプよりも細いので、より細かさを求められる小さい面積の紙への書き物や、複写式になっている用紙、例えば銀行窓口で使用する振込用紙や、領収書などに抜群の書き味を提供してくれております。

最近では少なくなりましたが、管理人はまだたまに「カーボン紙」(最近の若年層は知らないかもしれませんね)を使って複写記入することがあるので、その際にも活躍してくれています。


そのほかにも様々な種類がありますので、一気にご紹介します!





















最後におまけ

管理人は、子供のころから文具が大好きです。

世代的には小学生のころに流行ったのが、いろんなギミック満載の多機能筆箱。ちょっと気になってAmazon調べてみたんですけど、現代版でもありました!


昔とそんなに変わってませんね。だいぶ洗練されていますけど(笑)こんな感じの筆箱使っていましたね~。なつかしい。


振るとシャープの芯が出てくるパイロットさんの「フレフレシャープペン」なんかも画期的でした。

子供心に「スゲェ!」って思った感動体験は忘れないんですよね。

なんと!これも2020年に復活してたのです。手に入れるな今のうちですよ!



大学受験の勉強は、シャープペンは一切使用せず、ボールペンだけでやっていました。なぜボールペンで勉強していたかというと、ボールペンのインクがなくなっていくごとに「勉強した感」を感じられるからです(笑)

コスパはあまりよくないですけど「勉強した」という実感はかなり感じられますのでお試しあれ。

ちなみにその時愛用していたボールペンはぺんてるさんの「ハイブリッド」です。



懐かしいですね。文房具から昔の思い出が次々と出てきて止まりません。

こんな感じで、今後も愛用の文具をご紹介していければと思っています。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。